TopBuzzがあやしいと思われてしまった運営者の3つの失敗

topbuzz怪しいワケ

ある日の会話。。。
TopBuzz(BuzzVideo)クリエイターのびで男くんと動画マーケティング専門家の塚本がなにやら話している様子です。

塚本オジサン
塚本オジサン
ねーねー、びで男くん。トップバズって検索をしたら「怪しい」「稼げない」とかのキーワードが出てくるんだけど、これって本当なの?
びで男くん
びで男くん
塚本さん!トップバズに興味持ったんですか?
塚本オジサン
塚本オジサン
前回の記事を読んでさ、今YouTubeの審査が通ってない人がたくさんいるから、その間に何かできないかなって
びで男くん
びで男くん
なるほどですね!トップバズには興味を持ったけど、本当に大丈夫なのかを知りたいってことですね?
塚本オジサン
塚本オジサン
まぁそんな感じかな?笑
びで男くん
びで男くん
わっかりましたー!じゃあトップバズは本当に怪しいのか?そもそもなんでそんな事が記事に書かれてしまったのか、お話します!

ということで、今回は
TopBuzz(BuzzVideo)が怪しいと言われていたり、記事になってしまっている理由について触れていきたいと思います。

ばず男くんは実はTopBuzz(BuzzVideo)社と契約パートナーを結んでおり、いろんな情報をもらえるとともに優遇されているんです。
今回の「TopBuzz 怪しい」に関しても仮説だけではないんでそこらへんは信じてもらえると嬉しいです!!

TopBuzz(BuzzVideo)は怪しいのか?


怪しいのか怪しくないのかもう結論から先に言いますね。

怪しくない

です。
怪しいと思われてしまったのには3つほどの理由がありますので、本日はその3つの理由に迫っていきます。

個人的には頑張ってたのにタイミングが悪かったなというのが正直な感想で
「もったいないな〜」と思っています。

もちろん、最終的に怪しいか怪しくないかを判断するのはあなたですけども。

TopBuzz(BuzzVideo)が怪しいと思われた理由

1. 運営会社が中国だったから

本来的には中国の企業であろうがなかろうが、怪しさや安全とは関係がなく、私たちの思い込みだったりもします。

今回も思い込みで、クリエイターに解説する文章が直訳に近い状態だったため、怪しさを感じてしまった
クリエイターやユーザーが出てしまったというわけです。

前回の記事(TopBuzzで広告収入を得る動画ビジネスの魅力)でTopBuzz(BuzzVideo)の運営会社は中国ではメジャーなアプリ今日頭条(Toutiao)を運営している会社である事、さらには「Tik Tok」も運営しているというお話をしました。

「Tik Tok」って今若者に大人気のあのアプリです。
その「Tik Tok」とTopBuzz(BuzzVideo)の会社が同じな訳ですから、
逆に他のアプリよりも安全だろう!と思うのが一般的ではないでしょうか。

しかし、上記の翻訳がきちんとした日本語になっていなかったなどの理由で、怪しいと判断されてしまっているんですね。

他にも記事の中にはインストールすると「ウイルスに引っかかる」なんて書かれているものもありますが、
私は少なくても「ウイルスを検知」したことがありませんし、
周りのクリエイター、ユーザーからもそんな話を聞いたことが一切ありません。

2. 迷惑メール?を大量に送ってしまったから

TopBuzz(BuzzVideo)は一時期、YouTuberに対して勧誘メールを送っていました。(今も送っているそうなのでなんとかして欲しい)

TopBuzz(BuzzVideo)っていうアプリでも広告収入が稼げるから、私たちの所にも動画出さないかい?

って感じの内容ですね。
これがYouTuberたちの間で話題になり、「大量メール送ってくるの怪しくない?」となってしまいました。

戦略的には良かったんですが、
YouTuberネットワークには敵わなかったということです笑

もちろん、副業YouTuberにもそのメールは届いていまして、
私もなんども相談を受けたことがありました。

ちなみに80%以上の人が怪しいんでやめときます!
って回答でした。

ちなみに、勧誘メールの内容はこんな感じ。

急に送られてきたら「拒否反応」起こしてしまう人もいますよね。
確かに、、、、

3.ヒカル事件に巻き込まれた

もっとも悲惨なのが、YouTuberのヒカルさん関連事件に巻き込まれたからですね。

実は、ある時期TopBuzz(BuzzVideo)は人気YouTuberのヒカルに
広告宣伝を依頼
していたんです。

それは、ヒカルさんの動画をTopBuzz(BuzzVideo)に提供してもらうことと同時に、
Twitterで定期的に呟いてもらうこと。

そうです。
あの事件が起こる前までは、もっとも急上昇して人気が出たYouTuberだったわけですから、
宣伝効果も高かったと言われています。

しかし、ヒカル事件が起こりまして、
ヒカルさんに批判が殺到します。

そして、その批判殺到の最中、
Twitterで自動定期設定をしていた
「TopBuzz(BuzzVideo)っていいらしいよ」と言う投稿
が流れ、、、、

一気に怪しい判定です。

まぁ、あのタイミングでそんな投稿が流れたら、誰もが疑いますよね。

そうです。
TopBuzz(BuzzVideo)は巻き込み事故にあってしまったんです。

TopBuzz(BuzzVideo)怪しくないかも?


びで男くん
びで男くん
こんな感じで怪しいと思われてしまったんだよね。
塚本の叔父さん
塚本の叔父さん
なるほどね。タイミングかー!!(いまいち納得していない様子で)

やっと最近では、怪しいという人も減ってきて
ポジティブな印象を持つ人も増えています。

私の周りでも実践し始めている人もちらほら出てきていますし、
本格的に取り組むという人も出ています。

また、通勤中にTopBuzz(BuzzVideo)を見ているサラリーマンにもなんども遭遇したことがあります。

TopBuzz(BuzzVideo)は怪しくないです!!

と言い切ってしまうと、なんか逆に怪しさが出てしまうので、
判断はあなたにお任せしますが、

上記3つの理由が関わっていることは頭の片隅にでも入れておいていただければと思います。

びで男くん
びで男くん
僕の1つの役目が、TopBuzz(BuzzVideo)は怪しくない健全なアプリなんだよ!と認知してもらうことなんだ!

まずはTopBuzz(BuzzVideo)のアプリをダウンロードして見て、
どんなアプリなのか、本当に大丈夫か?
というのを検証してみるといいかもしれませんね。

そして、私的には投稿者側(クリエイター)になって、TopBuzz(BuzzVideo)をさらに盛り上げていって欲しいなと思います。

クリエイターに興味を持ったら是非、下記のLINEを登録しておいてください。
ブログには書けない情報もお届けしていきますので!!

ではまた、お会いしましょう!

topbuzz怪しいワケ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です