目標を設定しないと1年後に死んでしまうかもしれない!?

目標設定するわけとは?

こんにちわ。
もっちゃんです。

2016年が始まりましたね。
今年の目標は決めましたか?

私は31日の日に、昨年の目標をふりかえり、 そして今年の目標を定めました。
今は、携帯とパソコンの画面が目標であふれています。

 

せっかくなので、 今日は目標を設定する大切さというのを
私なりの解釈ではありますが、 お伝えしていこうと思います。

自己啓発書や成功哲学の本には 必ずと言ってもよいほど
「目標を定めましょう」
と書かれています。

なぜ、そんなに目標が大切なのか。
しかも目標を立てたからと言って かなうわけでもないのに。

そう思ったことが一度や二度は あるのではないでしょうか。

 

しかし、目標を定めるということは、
生きることにも直結してくる問題なのです。

アメリカのある調査では、
定年退職して目標の亡くなった人間は平均して1年余りで死んでしまう
というデータが出たほどです。

私たちは、常に目標や目指すものがないと 行動できない生き物なのです。
小さいころは、 他人から与えられてきた目標に沿って
行動していればよかったのですが、 大人になったらそうはいきません。

自分自身で目標を定めて、 そこに向かっていく必要があるのです。
ですから、新年の初めに目標を定めることは 非常に大切なのです。

 

あなたは、他人の決めた目標に従っていませんか?
「会社のノルマ」
「親の言うこと」
「社会やマスコミが報道している人間像」
自分で目標を定める事こそが、
あなたを成長させ、幸せにし、成功させる秘訣なのです。

 

目標の設定の仕方は、 後日お伝えしていきますが、
まずは、なんでもいいです。
自分と向き合って欲求を探してみてください。

素直に目標を定めてみてください。
すべてのスタートはそこから始まります。

 

ちなみに、 会社設立後、一番最初にしなくてはいけないこと
それは、 ビジョンを考えることです。

マーケティングや製品ではなく、
実績作りや営業でもなく、
まずは、ビジョンを考えるのです。

この会社をどうしたいのか。 何ができるのか。
これは目標と一緒ですよね。

会社も人間も目標や目指すところがあって、 初めて行動できるのです。
その目指す先はあなた自身で決めてほしい。

ですから、目標を定めてくださいと
言っている本が多いのでは ないでしょうか。

共感していただけた方は、 ぜひ自分と向き合って、
目標設定をしてみてください。

 

私事ですが、 目標を定め、しっかりと見返して
イメージした目標に関しては ほぼ叶っています。
我ながらすごいなと思います。

今の自分ではこの目標は… というのでも構いません。
この記事に出会ったのも 何かの縁だと思いますので、
ぜひ、自分と向き合う時間を作ってみては?

最後まで、ご覧いただき、 ありがとうございました。

目標を設定しないと1年後に死んでしまうかもしれない!?

目標設定するわけとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です