イチロー・本田圭佑・錦織圭・石川遼4選手の共通点とは?超一流アスリートになる条件

目標達成の方法

「夢を叶えている人の共通点は?」
「夢を達成する人の思考法は?」

そんなこと気になったこと一度や二度はあるのではないでしょうか?
今日は、そんな夢達成方法について有名人の共通点をみていきたいと思います。

こんにちは、動画戦略コンサルティングのもっちゃんです。
動画マーケティング戦略や、YouTube動画などを中心に企業様や個人の方にコンサルティングをしています。

イチロー選手の文集

さて、あなたは
「イチロー選手の卒業文集」
って読んだことありますか?

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。活躍できるようになる ためには練習が必要です。僕は3才の時から練習を始めています。3才から7才では半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは365日中360日 は激しい練習をやっています。

だから、一週間中で友達と遊べる時間は5、6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になると思います。そして、その球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。ドラフト一位で契約金は一億円以上が目標です。僕が自信のあるのは投手か打撃です。

去 年の夏、僕たちは全国大会に行きました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホー ムラン3本を打てました。そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。このように自分でも納得のいく成績でした。そして、僕たちは一年間負け知らずで 野球ができました。だから、この調子でこれからもがんばります。

そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。

結構の人が知っている、読んだことある、聞いたことあるというのではないでしょうか?

私も野球をやっていた身の人間なので、
小学校の卒業文集でこのリアリティーのある文章を書けるのはすげーなと思っていました。

まだまだいた!天才の卒業文集

しかし、イチロー選手の他にも卒業文集で天才的な内容を書いている人たちがいたんです。

それが、サッカープレーヤーの本田圭佑選手と、テニスプレーヤーの錦織圭選手、プロゴルファーの石川遼選手です。
論より証拠!
まずは、見てください。

本田圭佑選手

ぼくは大人になったら 世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには 世界一練習しないとダメだ。だから 今 僕はガンバッている。今はヘタだけれどもガンバッて 必ず世界一になる。

そして 世界一になったら 大金持ちになって親孝行する。

W カップで有名になって ぼくは外国から呼ばれて ヨーロッパのセリエAに入団します。そして レギュラーになって 10番で活躍します。一年間の給料は 40億円はほしいです。プーマとけいやくしてスパイクやジャンパーを作り 世界の人がこのぼくが作ったスパイクやジャンパーを買って行ってくれることを夢 見ている。

一方 世界中のみんなが注目し 世界中で一番さわぐ 4年に一度のWカップに出場します。セリエAで活躍しているぼくは 日 本に帰り ミーティングをし 10番をもらってチームの看板です。ブラジルと決勝戦をし 2対1でブラジルを破りたいです。この得点も兄と力を合わせ 世 界の強ごうをうまくかわし いいパスをだし合って得点を入れることがぼくの夢です。

これが本田圭佑選手の文集です。

続いて、今や日本の、いや世界のテニスプレーヤーになった錦織圭選手の文集です。

錦織圭選手

<ぼくの夢> 錦織圭
 
    この六年間で一番思い出に残ったことはテニスで日本一になったことです。練習で一所懸命やった結果が出たと思います。
 
    全国選抜や全国小学生大会、全日本ジュニアの三つの試合で優勝しました。
 
    一試合一試合を「絶対勝つぞ」と思ってやりました。そして「優勝」までいけた時は、すごくうれしかったです。
 
    ぼくはテニスのラリーが長く激しく続くところが好きです。いろいろなコースに打ち分け、深く打ったり短く打ったりします。チャンスボールがきた時、強いボールを打つのが好きです。決まった時はすごく気持ちがいいです。このショットがいつも打てるように練習していきたいです。
 
    試合に出ることで友達が増えました。友達が増えたおかげでいろいろな話をしたりいっしょに練習できたりできます。それもテニスが好きな一つです。
 
    これからは誰だれにも負けないように、苦しい練習も絶対にあきらめずに全力でとりくんでいこうと思います。
 
    夢は世界チャンピオンになることです。夢に向かって一歩一歩がんばっていきます。
 

もう一人、プロゴルファーの石川遼選手の文集もありました。

石川遼選手

「将来の自分」 石川遼

「二年後・・・中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
三年後・・・中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
四年後・・・高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
六年後・・・高校三年生、日本で一番大きなトーナメント、日本オープン優勝。
八年後・・・二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝

これを、目標にしてがんばります。最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。
それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。
でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。
みんなが一生懸命練習しているなら、ぼくはその二倍、一生懸命やらないとだめです。
ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、「もっとあのときにこうしていれば・・・」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。
来年には、埼玉の東京GCで行われる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。
今は優勝とか関係ありません。中学になってからそういうことにこだわろうと思います。
高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。
その試合で世界から注目される選手になりたいです。
ぼくは勝てない試合には今は出ません。
ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。」

とまぁ、各スポーツ界の超一流がこぞって書いていた卒業文集!
あなたはこの共通点を見つけることができたでしょうか?

夢を叶えるためのまとめ

共通点は、ゴールからの逆算思考とでもいいましょうか?
これは自己啓発書や目標達成方法などでも言われていることです。

先にゴールの設定をする!
これって、会社経営でも同じことがいえます。
何がしたいのか、何を目指すのか?

ここがないと、日々をただ過ごすだけになってしまい、
何も成果が得られないということにもなりかねません。

例えば、高校野球児は全国に何万人といます。
しかし、その何万人の中で、ゴールを設定して目的意識を持って取り組んでいる人は何人いるでしょうか?
おそらく私の感覚的には、全体の20%いたら良い方なのではないでしょうか?

ゴールって別にプロ野球選手じゃなくてもいいと思うんです。
大学野球でも、トレーナーになるでも。

だけど、ただやみくもにバッティング練習やノックを受けていても
目標に達することはでいないのです。

イチロー選手のように、目的意識を持って行動することで、
1日の練習が、たった一回の素振りが変化していくんです。

そんな行動を地道にこなしてきたから、
イチロー選手も本田圭佑選手も錦織圭選手も石川遼選手も
頂点まで登れたのではないでしょうか?
超一流になれたのではないでしょうか?

あげた4人はきっとまだまだ高みを目指していると思います。
ゴールを達成しても、その先のゴールを目指している。
アスリートというのは終わりを知らない永遠の挑戦者なのかもしれませんね!

ぜひ4人の目標の立て方を参考にされてください!

イチロー・本田圭佑・錦織圭・石川遼4選手の共通点とは?超一流アスリートになる条件

目標達成の方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です